ピルの服用で鬱や排卵痛はどうなるのか

ピルを飲むと避妊効果があるのは知られていますが、副効能としてよい効果が出ることもあれば、少しデメリットと感じられるような症状も出てしまうことがあります。女性ホルモンが配合されているため、ピルも合わない場合には種類を切り替えて利用する事も検討してみましょう。

例えば、少し気分が落ち込みやすくなって、鬱になったかのような感覚になる場合もあります。これはやはりホルモンが関係しているので、男性ホルモンの作用が少ないピルの服用時に鬱のような作用が出やすくなります。これも体が慣れれば一過性のものとして症状も特に感じなくなりますが、長く鬱のような気分が続くのであれば病院で相談して利用しているピルを変えた方がいいでしょう。

また、生理痛や排卵痛が酷いと感じる人の場合はピルの服用でだいぶ楽になると感じられることが多いです。服用を始めると排卵が一時的に止まりますので、卵巣を休息させる事になります。排卵のたびに実は卵巣もダメージを受け、傷ついていることはあまり知られていません。排卵が休止されている状態だと当然ながら排卵痛も起こりませんので、症状も軽くなったと感じるのです。そして、卵巣を休ませている状態なので、卵巣がんにもなりにくくなるというデータが出ています。

服用をする事でいろんな症状が出てきます。そこには一時的なデメリットもあれば、排卵痛の軽減や生理周期の安定などの改善が出来たりするなどのメリットもあります。今は自分たちが選択できるピルの種類も増えていますので、利用をしてみて副作用の方がきつい場合にはそれを相談して変更する事もしやすくなっています。自分の体をいたわりながら、状態に合ったピルを選んで服用しましょう。