マーベロンなどのピルには女性ホルモンが入っています

女性が避妊をしたいならコンドームに頼るのではなくて、ピルを飲みなさいという風に考えたりするようになる時代です。避妊効果があるのであれば飲むには飲むけれども、どうしてピルを飲むことで避妊ができるのだろうと不思議になる人もいることでしょう。

病院などでも処方が多いのは、マーベロンです。これらのピルには女性ホルモンが配合されているのです。卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン、そして黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは女性の生理周期などにも関わってきます。エストロゲンは卵胞の成熟に関与していて、プロゲステロンは卵胞が成熟後に子宮内膜の状態を整えて妊娠が出来る状態にしていきます。マーベロンには女性ホルモンが配合されているので、擬似的に妊娠状態を作り出すため、避妊効果があるという事になるのです。

また、場合によってはニキビなどの治療でもマーベロンを初めとしたピルの処方がある事もあります。この場合はホルモン療法でニキビ治療をする時に主に使われます。ニキビの原因が男性ホルモンが優位であるために起こったのだろうと考えられる場合には、女性ホルモンを取り入れることで体内のホルモンバランスを整えていくのです。

こうして考えると、女性ホルモンという存在はとてもすごいのだと実感させられるのではないでしょうか。避妊をしたい場合には、きちんと正しい飲み方をしていく事でほぼ100%に近い避妊効果を得る事ができます。コンドームだけでは不安だという人もいますし、自分自身で妊娠をコントロールしたいという女性にも支持されています。妊娠をしたい時には服用をやめれば大丈夫なので、その点でもとても安心して利用ができるようになっています。