ヤスミンのピルで生理のリズムを正常に整える

ピルの種類や使用方法は様々です。中でも最も多いのが、避妊目的での使用でしょう。避妊に失敗してしまっても、性行為後、72時間以内に服用すれば、効果的に妊娠を防ぐことができます。日本では、ピルの服用というと、何となくためらってしまいますが、実は、避妊以外でも、多くの使用方法と種類があるのです。ヤスミンは、低用量ピルで、ドイツの大手製薬メーカーが製造・販売しているものです。低用量のヤスミンは第4世代のピルともいわれ、従来のものにありがちな体重の増加、ニキビ、むくみといった身体への副作用を大幅に軽減する為に研究開発されました。よって、長期的に服用を考えている人や、これまでのピルが合わなかったという人が購入することが多いようです。ピルには、避妊以外で、生理のリズムを整えるという作用があります。通常の生理は、25日から38日の間隔で起こり、3~7日間続くとされています。ホルモンのバランスの乱れや様々な理由で生理が遅れたり、早かったりすることは、恐らく女性なら誰でも経験があるでしょう。ヤスミンのには、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンに似た成分が配合されており、決まった期間、毎日服用することで、生理の周期を整え、リズムをコントロールすることができるのです。生理のリズムを整えるだけでなく、生理痛や、生理前後のイライラ、体重の増加なども解消されるでしょう。ピルを服用し、生理を早めたり、遅らせたりすることも可能なので、旅行の計画が立てやすいと言ったメリットもあります。生理のリズムを整えることや、避妊の為の対策を行なうことは、女性にとっては非常に重要なことですが、海外に比べ、日本ではあまりピルの使用が一般的ではありません。副作用が怖いといった声も聞かれます。正しい知識を身につけ、生活に上手く取り入れていきたいですね。